#49. 夢と現実とローンの返済

かもねぎ先生とみのりさん

普段、当直ばかりして、家にあまり帰らなかったので、家はひどい状態だった。

脱ぎっぱなしの服、洗濯されるのを待っている靴下、干されたままのタオル…。

みのりさんどころか、人が来る予定なんてあるはずもなかったので、本当に荒れ放題だった。

カモ(これ…片付けるよりも、燃やした方が早いのでは…)

一瞬、『汚物は消毒だー!!』

汚物は消毒だー!!

が頭を過ぎったけども、今から燃やすには遅すぎるし雨も降っていたので、とりあえず汚物は全部押し入れにドーンした。

みのり『お邪魔します』

カモ 『どうぞどうぞ』

みのりさんが靴を脱ぐ仕草に見とれる。

ピンクベージュのパンプス、女性の靴が玄関にあるだけでドキドキした。

みのり『そう言えば カモ先生の家に上がるの初めてですね、緊張しますね。』

カモ 『自分の方が緊張しているので大丈夫ですよ…。』

みのり『そうなんですかwwでもなんかニヤニヤしてませんかwww』

カモのせいで上半身がびしょびしょになった みのりさんにバスタオルを渡す。

居間のソファに座るみのりさんに見とれながら、キッチンでお茶用のお湯を沸かす。

同じ空間にみのりさんがいるというだけで、心が落ち着かない。

家に入ると雨の音は聞こえなくなった。

みのりさんがバスタオルで雨水を拭く音が聞こえる。

びしょ濡れになった自分のTシャツを脱ごうとしたとき、さっきまで抱きしめていたみのりさんの香りがして、ドキッとした。

みのり『タオルありがとうございました。』

カモ 『Tシャツありますけど、着替えますか?』

クローゼットから、自分の持っている中で一番きれいなTシャツを出して、みのりさんに差し出した。

みのり『え…いいんですかっ!?』

みのりさんはTシャツを受け取り、着替え始めた。

絶対に覗かないという約束をして(カモは見たいと主張したが)、カモは遮蔽されたキッチンでお茶を沸かしていた。

覗きたい…覗きたい覗きたい覗きたい覗きたい!!

鶴の恩返しで、3日間も覗かなかったおじいさんはすごいと思った。

みのり『もう大丈夫ですよ』

バーバリーのTシャツを来たみのりさんがソファにちょこんと座っていた。

どうでもいい話ですけど、昔見たAVの影響でバーバーリーを身につけた女性に異常に興奮するんですけど、これは性癖ですかね

カモ 『じゃあ、その着替えたやつは部屋干ししましょうか、すぐ乾くと思いますし』

みのり『すいません、お願い…いえっ!!大丈夫です!!自分で干しますっ!!』

カモ(ちっ…匂いをかいだりXXXしたりしようと思ったのに)

みのりさんが、自分の着ていた服を干し終わると、浴室乾燥のスイッチを入れて沸かしていたお湯でお茶を入れた。

みのり『ありがとうございます。』

カモ 『いえ、もとはといえば、僕のせいで濡れちゃったので…』

テーブルに二人分のお茶を置いて、みのりさんの横に並んで座った。

みのり『そうですねwwでも…私も急に押しかけて来ちゃったので…』

いつも一人で腰掛けるソファは、二人で座るには少し小さかった。みのりさんがすぐ横にいる。この自分の鼓動が、彼女に伝わってしまうのではないかと思うくらい、心臓が強く鼓動していた。エアコンが聞いていないんじゃないかと思うほど主に下半身の体温が上昇していた。

・・・・・・・。

無言。

会話が続かない。

それはそうだ。さっきまで抱き合ってたんだし…。

みのりさんは下を向いて、借りてきた猫のようになっている。

カモ(悪魔)(がばっといっちゃえYO!!)

カモ(天使)(待って!!いきなりはダメだって、まずはお酒を飲ませて帰る手段を断ちましょう!!)

カモ(えっ!?ちょっと…カモ天使、理性なくしてないっ!?)

みのり『お…お茶美味しいですねっ!!』

みのりさんがにこって笑ってお茶を飲んでいる。

カモ 『そ…そうですね…。でもそれセブンイレブンのティーバックのやつ…

また無言になった…。

みのり・カモ『あの…』

言葉が重なってしまった。

カモ 『どうぞ』

みのり『いえ…カモ先生からどうぞ』

カモ 『あ、はい…。じゃあ…さっきの話の続きなんですけど…』

みのり『はい…』

カモ 『好きなんです。彼女になって…ずっと一緒にいてください。』

いつもは気づけば冗談を言っているが、このときは精一杯真剣に今の思いを伝えた。

いや、みのりさんに対してはいつも真剣だった…はずっ!!

みのり『それは…カモ先生、本当に私で良いんですか?』

気にしているのは、過去なのか立場なのか。

みのりさんの瞳は揺らいでいた。

カモ 『みのりさんが良いんです!!』

この人を守りたい、一緒にいたい。

苦しんでいるときは支えたい。

楽しいときは一緒に笑っていたい。

そしてエッチなことをしたい!!

みのり『借金まみれになっちゃいますよ…』

カモ(もうすでになっていますけどっ!!)

カモ 『大丈夫ですっ!!すでに与信も空っぽですしwww』

みのり『もぅ… 死ぬまで与信回復しなかったらどうするんですかっ!?』

カモ 『それまでに…僕が死ぬまでに、みのりさんは家を取り戻せますよねっ!?』

みのり『そ…それは…頑張りますよっ!!なるべく早く買い戻します!!』

カモ 『僕も…協力します!!与信を回復して…またみのりさんから買いますっ!!』

みのり『それは嬉しいですけど…でも…』

カモ(悪)(馬鹿めっ!!先にみのりさんの実家を買って一生の伴侶にしてやるぜっ!!)

カモ(天使)(こっそり計画を進めていきましょっ!!)

カモ 『信じてください!!』

みのりさんの瞳から不安や迷いが消えたような気がした。

みのり『じゃあ…ふつつかものですが宜しくお願いします』

そしてフワリと笑った。

今まででと変わらないきれいな笑顔だった。

いつからこの笑顔を見ていなかっただろう。

この笑顔一つで、辛かったことも浄化された。

カモ 『ありがとうございますっ!!こちらこそ宜しくお願いしますっ!!』

みのり『カモ先生、前から言いたかったんですけど、付き合ったら敬語はやめてください。仕事じゃないんですからw』

カモ 『そ、そうですね。じゃなかった、そうだね。』

みのり『なんか…へんな感じですねww』

カモ 『…照れますね…。』

みのり『そ…そうですね…。』

照れながらも、みのりさんはニコッと笑った。その笑顔につられてカモも笑う。

おびえながら足を踏み入れた不動産屋、そこで出会ったみのりさん、

まさかこんなに苦しむ(経済的かつ恋愛的に)なんて思っていもいなかった。

#1.元愛の巣 中古ワンルームマンション:400万円

#2.ラピュタっぽいマンション(分譲):1100万円

#3.キラキラ駐車場:1300万円

#4.どうぶつの森アパート(1棟):2200万円

#5.狭小駐車場:720万円

#6.新築高級マンション(1戸):3800万円

#7.初めての県外物件(アパート1棟):5200万円

合計 7物件で1億4720万円

みのりさんと付き合うために、

大好きな人と結ばれるために、

僕は、1億4720万円の借金を背負った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 煌めけ より:

    ほんと、良かったですね~( ´∀`)
    かも先生の予備校前後からのハングリー精神と、みのりさんの家関連からの不屈の心がとっても合いそうだなと思うし、おふたりがおうちのお話してたら互いにどんな反応になるのかな~などと楽しみです!
    先走ってご両親の反応とか想像してしまいますが、多忙に負けずに愛を育んでいかれてくださいw(*^▽^)/★*☆♪

    • 管理人(カモ) より:

      ありがとうございますっ!!
      お互いまだまだ知らないことが多いこともあって、少しずつ知って行ければと思っています。
      みのりさんは私の給料についてはすごく知っていますが(白目
      今後も、仲良く頑張っていければ良いなと思っていますので、ぜひ宜しくお願い致します。
      そして、Season2 『カードローン編』も宜しくお願いしますwwww

  2. forward-looking cost より:

    区分所有が7件中3件とは、また凄いですね。
    お医者様だから実現できた高属性型のポートフォリオだと思います!
    一点お伺いしたいのですが、駐車場ってどのくらいの稼働率で回されてるのか、
    ご教示頂けると幸いです。

    • 管理人(カモ) より:

      コメントありがとうございます。
      駐車場についてですが、稼働率は100%です。
      1つはマンションの裏側にあり、マンション住民の方が借りてくださっているので、購入時から全く動きがありません(利回りは低いですが)。
      もう1つの駐車場は、店舗と法人契約をしているので、こちらお動きがありません。
      ただ、どちらの駐車場もアパートやマンションと比べて利回りは低くなっておりますorz

  3. はやと より:

    >合計 7物件で1億4720万円
    。。え゛? 
    >社長『今持っている物件を全部売って、銀行と交渉したら行けるかもしれないけどな』
    住所:街中心エリアの端っこ
    価格:9000万円
    坪数:90坪
    坪単価:100万円/坪
    建物:築40年
    用途:商業
    。。。え゛?え゛?
    先生、そんな物件群抱えてるより、それより普通に考える限り築40年評価0の建物の乗ってる土地には恐らく多数の業者が「御提案」を持ってこれまで押しかけて来てる筈で、それでも所有者が頭抱えてる(?)間になるべく早く与信と手元流動性をすぐ回復できるように算段をしておいた方がと思うのですが如何なのでしょうか。所有者の方で相続など何らか変事が起き処分換金の必要が生じたり、変な気を起こし妙に大きな建替計画と皮算用が動き始めたりでもしたらもうなかなか… 

    • コメントありがとうございます!!
      ご指摘の通り、一刻も早く与信を回復させないといけないのですが、今持っている物件は、みのりさんとの思い出があり、感情移入しまくっていまして、(私的感情により)売れない状況になっております。
      持っている物件全部売ったら、さすがに買えると思うのですがwww

      ガッキー不動産が所有しているので、社長が死なない限り大丈夫だと信じているのですが、一刻も早く与信を回復させますっ!!(キリッ

  4. tindra より:

    かも先生、おめでとうございます(^o^)
    コメントするのは初めてですが、わたしも医師&不動産投資をしていて親近感もあり応援してました。

    • 管理人(カモ) より:

      まじですかっ!!それはすごく親近感ですwww
      カモネギ状態の自分としては非常に恐縮ですが…(白目

  5. 通りすがり より:

    Congratulations!!
    お幸せに、次はプロポーズ編を楽しみにしています ^_^

    • 管理人(カモ) より:

      ありがとうございます!!
      破産する前に結婚までこぎつけますっ!!(マテ