#−12.出陣

かもねぎ先生フリーター

『決して無理はしないように』

主治医からそう告げられて、カモは退院した。

主治医は知っていた、『このアドバイスは意味がない』と。

それもそのはず、カモは入院中の約1週間、最初の1日半を除いて ずっと勉強していた。

点滴を左腕にしながら、経口でもガンガン水分を摂取しながら、

尿バルーンから流れ出る尿も気にならなかった。

ひたすら勉強をしていた。

退院の日、主治医にお礼を言った。

カモ『ありがとうございました。』

主治医『もう無茶したらダメだよ。』

カモ『I’ll be back(アイルビーバック)』

主治医『おいっwwwwwwww』

主治医(頑張れよ、後輩…。)

主治医自身も、屈辱に耐えながら死ぬほど勉強し、工学部から再受験で医学部に入っていた。

外の日差しは、冬にも関わらず眩しかった。

外に出た瞬間、日射しによって視界が消える。

瞬間、まるで現実世界へ通じるトンネルを抜けるように、明るい世界が広がる。

『さて…、頑張りますか。』

退院したその足で電車に乗り、予備校に向かう。

いつものように、ノートを開く。頭に入ってくる文字を整理し詰め込む。

予備校では、チューターとゲーリーがいつも通り迎えてくれた。

入院中に出たわからない所をそれぞれの講師に聞いて回った。

1週間前、ちょうどこの部屋で倒れたので、どの先生も変に優しかった。

『勉強なめんな、死ぬ気でやれよ』が口癖の数学のヤクザのような先生も、

『体は大事にしろよ、無理すんなよ』と言い、他の予備校生がきょとんとしていた。

すぐにセンター試験直前講習が始まった。

この1年間、市場に出ているセンター問題は再試を含め全て2回は解いた。国語は、共通一次も解いた。

全科目、間違った問題は5回は解いた。

今年受ける受験生の中で、

僕は誰よりもセンター試験を解いている!!

そう確信していた。

センター試験直線講習は、あっという間に終わった。

センター試験のことだけ考えて過ごした。

そして、いよいよセンター試験の前日となった。

センター試験の前日、予備校では『出陣式』が行われた。

去年は、自分の成績は低空飛行でいっぱいいっぱいだったので、

出陣式には出られませんでした。

ただ、今年は違う。

両親に、ゲーリー他予備校の先生に、チューターに支えられて、ここまで来た。

今年は、全国の医学部受験生と同じ土俵で戦える!!

ゲーリーが壇上に上がる。

黒いスーツに、白いシャツ、そして色の入った眼鏡。

いつものゲーリーがいた。

『みなさんこんにちは、ゲーリーです。』

教室は、沈黙に包まれる。

ゲーリーはゆっくりと話し始めた。

『君らは、去年、志望校という無謀な戦いに挑み、負けた…敗者だ。』

教室内がざわつく。

そんな雰囲気をゲーリーは気にせず、続けた。

『負けてみて、わかっただろう、敗者の辛さが。敗者の惨めさが…。諸君、諸君達はこの1年間、必死に戦ってきた。その辛さと!!惨めさと!!勉強と戦った、ライバルと戦った、睡魔と戦った、そして自分と戦った…。それは俺も、ここにいる講師みんなも知っている。』

再び教室は静まりかえる。

『ただ、どんだけ君達が頑張ろうと、まだ敗者のままなんだよ。敗者は、勝つまで…勝者になるまでずーっと敗者のままだ。君達は勝たなければいけないんだよ、この受験という戦いで!!』

誰も何も話さない。物音も立てない。

ずっとゲーリーの言葉に耳を傾ける。

『しっかし、こうやって見てみると、緊張して、下を向いて泣き出しそうなやつもいるなw』

ゲーリーはそう言って、突然マイクの電源を切り、持っていた右手を下ろした。

『顔を上げろっ!!前を向けっ!!

 

 ちょうど2年前、中学生並みの学力でここの門を叩いたやつがいる。

 1年前、そいつはセンター試験でめちゃくちゃにされ散った哀れなやつだった。

 他の誰よりも学力が低かったやつが、このセンター試験で一矢報いようとしている。

 そんなやつが、医学部に挑むんだぞ。

 お前達は、小さい頃からエリート教育を受けてきたんだろ!中学、高校とトップを走ってきたんだろう?

 医学部のために、青春を犠牲にして勉強してきたんだろ?どうしてそんなに萎縮してるんだ?

 そんなぽっと出なやつが医学部に行こうとしてるんだ。

 

 お前らはそんなやつに負けることが許されるのか?』

クラス内の温度が上がる。ザワザワとした空気が流れる。

そして視線が痛い。突き刺さるような視線を感じる。

『確実にいじめに合うだろ、これは…。』

カモは思った、何て仕打ちだとw

『そして、ぽっと出のやつに言っとくぞ。

 

 こいつら全員お前の敵だから、最高点取ってこい!!!』

ぽっと出のやつは答えた。

『満点取ってきます!!!!』

誰も笑わなかった。

ぽっと出のやつは、ゲーリーの目を見て笑う。

ゲーリーもそれを見て笑う。

カモ、センター試験に出陣!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まつださん より:

    いつも楽しみに読ませていただいてます。ガッキーとうまくいくといいのですが…。

    ところで、ぱっと出ではなく「ぽっと出」では…?

    • まつださん より:

      あ、この書き込み、承認されなくて結構です。削除しちゃってくださいね。

  2. 管理人(カモ) より:

    まつださん様(もしかして まつだ様)

    コメントありがとうございます。
    すいません、風邪で死んでて返信が遅れました!!

    早速修正させていただきました。ありがとうございます。
    またどんどんツッコミ御願いします^^
    これからも頑張って書いていきますので、ぜひ宜しく御願いします。

    ※ガッキーに振られていきなり最終回になったらすみません…。